覚えて簡単!引越し時の荷造りのコツ

引越しの準備で一番大変なのは荷造りです。これを苦手としている方も多いのではないでしょうか。荷造りはいくつかコツを覚えることで作業がグッと楽になります。前日、当日に余裕を持って過ごすためにも、早めに準備に取り掛かりましょう。

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア
  • 不用品を見極めて処分しよう

    広いと思って引越しを決めた新しい部屋も、荷物を運び込んで見たら思っていたより狭い!なんてことも。そうならないためにも、新居に必要でない不用品を引越し前に見極めて処分しましょう。本は、高く売れそうなものは、ヤフオクやAmazonマーケットプレイスへ出品。値があまりつかなそう、個別に売るのは面倒という方は、まとめてブックオフへ持ち込みましょう。いつの間にか増えてしまった食器は、この1年で使った物に絞りましょう。洋服は、自分が本当に着たいかでジャッジ。今と逆の季節のものから手をつけると判断しやすいです。高かったから、思い出があるから、まだ着れそう、いつか痩せたら着るは、このチャンスに思い切って処分を。不要な物を所持しておく、そのスペースにも賃貸料がかかっていると考えましょう。

  • 必要のないものから段ボールへ詰めよう

    シーズンオフの衣類や靴、本、一部を除いた食器などあまり使わないものから段ボールに詰めて行きましょう。こうすることで、直前の作業を減らせるとともに、前日になって、段ボールが足りない、緩衝材が足りないと慌てることが少なくなります。梱包が終わった荷物は、部屋の奥へ置きましょう。こうすると、作業のスペースが広く取れるのと、入口を塞ぐことがないので移動がスムーズにできます。毎日使うものは、イコール引越し当日も新居で使うものになるので、わかりやすいように1つの段ボールにまとめると良いでしょう。

  • 段ボールには、新居のスペース名と内容物を書こう

    梱包が終わった段ボールには、新居のどこ(部屋名)で使うものか、中身は何かをマジックで書いておきましょう。こうすることで、引越し屋さんに、どこに置けばいいかを指示することができ、開封時の二度手間が防げます。例えば、普段は読まない本だったら、「リビング 奥でOK 本」、翌日から仕事で使うものだったら、「リビング 手前に置く 仕事グッズ」などと書きます。
    中身を書いていないと、引越し後に全ての段ボールをひっくり返して大捜索をしないといけなくなるので要注意です。

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア

不動産会社の記事

関連記事サムネイル

士業に変わった宅地建物取引士資格って何?宅地建物取引士資格試験について

元不動産のおせっかいじじい

2448view

関連記事サムネイル

賃貸住宅フェア2015に行ってみた

元不動産のおせっかいじじい

3004view

関連記事サムネイル

過去10年間の引越し理由ランキングを見比べる

元不動産のおせっかいじじい

19064view

関連記事サムネイル

綾瀬いいじゃん!!

グリーンホーム

4292view

関連記事サムネイル

更新料と引越しどちらが得?

グリーンホーム

4218view

関連する記事

関連記事サムネイル

北枕ってなんでダメなの?!風水からみた北枕☆

tomo

2266view

関連記事サムネイル

[女性必見:千葉市へ引っ越しをお考えなら]安心してお部屋の内見が出来るオンライン内見を体験してみよう

tomo

5258view

関連記事サムネイル

【北海道への引っ越しの方必見】転勤・転職の引っ越しを自宅で内見し時間も費用も節約可能になるオンライン内見! !

tomo

7523view

関連記事サムネイル

社員寮から脱出する人達に贈る引っ越しチェックリスト

Audrey

10624view

関連記事サムネイル

引越しの時の重要事項説明ってどのくらい重要なの?

元不動産のおせっかいじじい

2846view