スマートな引っ越しのためにできる事

引っ越しをするとき、いくつかの注意点について考えておくことで、よりスムーズな転居が可能であり、転居後も安心で買い手Kに過ごすことができます。今回は、引っ越し時に気を付けたいことについて考えてみましょう。

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア
  • 引っ越しを決めたら、まずは業者選びから

    引っ越しをする際に、多くの場合は引っ越し業者に荷物の運搬を頼むことになります。特に大型家具や家電は専門業者に依頼するのが安心ですので、丁寧な対応とリーズナブルな価格を両立している業者を選ぶと良いでしょう。その場合、いくつかの業者に相見積もりを取ることを忘れないようにしましょう。相見積もりをとることで、競争が生まれ、コストパフォーマンスに富んだ引っ越しが可能になります。

  • 荷物の整理は計画的に

    引っ越し業者に運搬してもらう大型家電や家具の他に、処分しなくてはならないものについては、早めの処分が大切です。断捨離の良い機会だと思って、思い切った処分がおすすめです。

  • 引っ越し先が近場の場合の裏ワザ

    引っ越し先が近場の場合は、自分の又は友人や知人にトラックや大型車を持っている人がいればそれを利用し、どんどん荷物を新居に運んでしまいましょう。荷物が少なくなればなるほど引っ越し料金は安くなります。暇を見つけてどんどん運んでしまうことで、引っ越し日の片づけなどの負担も少なくて済みます。

  • 子どもがいる場合、学区などに要注意

    公立の学校に子供が通う場合、学区制度がありますので、あらかじめ通わせたい学校の学区内かどうかを事前にリサーチしておきましょう。越境通学ができる場合もありますので、詳しくは役所などに問いあわせてみると良いでしょう。

  • 物価についてのリサーチもわすれずに

    実際に住んでみてから意外と物価が高く、生活費がかさむようでは困りもの。生活のしやすさも含め、お買い得商品がそろったスーパーやディスカウントストアが近くにあるかどうか、ホームセンターは近くにあるかなどについても考えておくのがおすすめです。

  • 住みやすい雰囲気選びで、後悔のない引っ越し

    同じ市内、町内でも新興住宅地か、古くからある農村地区かによって、だいぶしきたりや雰囲気も異なります。たとえば農村地帯は付き合いなどもしっかり行う傾向にありますし、町内会もあるところとないところがあります。住んでから後悔しないよう、近所の雰囲気などについても下調べが必要です。

  • 地価によって、固定資産税の違いは大きいことに注意

    家を購入した場合、建ててからも何かとお金が必要です。特に、毎年固定資産税の支払いが生じることはあまり気にしていない方も多いのではないでしょうか。地下によって万単位で異なってきますので、後で慌てないためにも、あらかじめ試算しておきましょう。

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア

不動産会社の記事

関連記事サムネイル

奈良県の友人宅に遊びに行ったら和歌山県だった☆飛び地の謎に迫る

元不動産のおせっかいじじい

3264view

関連記事サムネイル

賃貸住宅フェア2015に行ってみた

元不動産のおせっかいじじい

1687view

関連記事サムネイル

内見のポイント教えます!!!!!

グリーンホーム

1566view

関連記事サムネイル

過去10年間の引越し理由ランキングを見比べる

元不動産のおせっかいじじい

8388view

関連記事サムネイル

引越しの時の重要事項説明ってどのくらい重要なの?

元不動産のおせっかいじじい

1608view

関連する記事

関連記事サムネイル

引っ越し準備、いつから始めるべき?何か始めるべき?! 

kamoyome

847view

関連記事サムネイル

日本人の引越し回数ってどんな感じなのか調べてみた

masamasa

1582view

関連記事サムネイル

引っ越し荷造りのコツ

tomo

1311view

関連記事サムネイル

目指せ玉の輿移住♡年収1,000万以上の世帯主に出会う確率ランキング!

tomo

947view

関連記事サムネイル

【引越し前の人必見】住んでみて気づいた賃貸の失敗談

masamasa

1238view