引越しするときに必要な手続き

引越しが忙しいのは当日だけではありません。準備や各種の手続きなど一ヶ月以上前から しなければならないことも有ります。 「何から始めればよいのか分からなくてバタバタしてしまった」「忙しくてついうっかり」等と ならないようにしっかりと確認して備えましょう。

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア
  • 引越し前の手続き

    手続きに時間のかかる物や書類の提出期限が早めの物から進めていきましょう。

    ・一ヶ月以上前にやること
    【住宅や駐車場の解約】 賃貸住宅や駐車場を借りている場合、契約書を確認して大家・管理会社へ解約の
    連絡をします。料金のトラブルにならないように早めに連絡しましょう。
    【学校への連絡】 学校に通う子供さんがいる場合は担任の先生に早めに連絡しましょう。
    【固定電話・インターネットの移設】 繁忙期などは3週間以上かかることもあるので早めに手続きしましょう。
    ・2週間前から前日まで
    市区町村役所・役場でする手続きが一度で済むように必要書類等揃えておきましょう。
    【転出・転居届】 市外へ引っ越す場合は現住所の市区町村役場に「転出届」を提出して「転出証明書」を受け
    取ります。引越し先が市内の場合は「転居届」を提出します。身分証明証や印鑑が必要です。
    【国民健康保険】 市外に引っ越す場合は保険証を現住所の市区町村役場に返納、引越し先が市内なら住所変更の
    手続きをします。
    【印鑑登録の廃止】 該当の印鑑と登録証、身分証明証を持って現住所の市区町村役場で廃止の申請をします。
    【各種医療制度や手当てなど】 市区町村や各制度で異なるので、電話やインターネットで確認しましょう。
    【郵便物の転送届】 旧住所に送られてきた郵便物を一年間、新住所に転送してくれます。郵便局の窓口に置いて
    ある専用のハガキ、またはインターネットからも申請できます。
    【電気・ガス・水道】 現住所管轄の電力・ガス会社・水道局には使用停止日を連絡、転居先管轄の電力・ガス
    会社・水道局には使用開始日を連絡します。ガスの閉栓・開栓には住人の立会いが必要です。
    【携帯電話・NHK・衛星放送・ケーブルテレビ・インターネットプロバイダ】 電話やインターネットで住所
    変更の手続きをします。
    【新聞・牛乳など各種配達サービス】 販売店に連絡し、解約の手続きと料金の精算をします。
    【銀行や保険・クレジット会社】 重要な書類が届かなくならないように必ず住所変更の手続きをしましょう。
    引越し後の住民票が必要な場合は引越し後に行います。

  • 引越し当日の手続き

    【電気・ガス・水道】 電気のブレーカーは自分で操作します。下げると停止、上げると開始です。新居に備え付けの
    使用開始申込書に必要事項を記入してポストに投函します。
    ガスの閉栓・開栓には入居者の立会いが必要な為、都合が良い時間を事前にしっかりと予約しておきましょう。
    水道は使用停止日に係員が旧居のメーターを確認に来ます。新居に備え付けの使用開始申込書に必要事項を
    記入してポストに投函、元栓を開ければ直ぐに使えます。
    【旧居の引渡し】 賃貸から退去の場合、大家や管理会社の立会いの下、部屋をチェックして敷金の清算をすることに
    なります。畳に付いた家具の跡や壁の日焼けなど払う必要の無い費用まで修繕費として請求されることもあります。
    言われるままに払うことの無いように注意しましょう。

  • 引越し後の手続き

    【転入届・転居届の提出】 旧住所の市外に引っ越した場合は転入届を、同一市内なら転居届を新住所の
    役所・役場に引っ越し日から14日以内に提出します。転入届は転出証明書と合わせて提出します。
    このときに国民健康保険・国民年金・福祉手当・各種医療制度も合わせて手続きしてしまいましょう。
    【印鑑登録】 登録する印鑑・身分証明証を持って新住所の市区町村役場で申請します。
    【転校手続き】 地域や学校によって異なるので学校に確認しましょう。
    【運転免許証】 運転免許証・印鑑・現住所を証明できる書類を持って、所轄の警察署か運転免許センターで
    住所変更の手続きをしましょう。他府県への転居の場合は免許証の作り直しになるので写真が必要です。
    【車庫証明】 車の保管場所が確定したら転入届手続き後、車庫の見取り図や配置図などの必要書類と
    印鑑等を持参して管轄の警察署で申請します。
    【車検証】 転入後15日以内に車検証・印鑑・自動車保管場所証明書・住民票を持って、普通車の場合は
    陸運局、軽自動車は軽自動車検査協会で手続きをします。
    住所の変更によって様々な手続きが必要になりますが、各市区町村によって手続きの方法が変わる場合も
    有るので必ず確認してから行いましょう。

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア

不動産会社の記事

関連記事サムネイル

不動産屋に行くと【決めた方がいい】と言われるのはなぜ?

グリーンホーム

2301view

関連記事サムネイル

引っ越したら酷道(国道)だった・・・全国にある酷道:国道を調べてみた!

元不動産のおせっかいじじい

4465view

関連記事サムネイル

お部屋探しの注意点!賃貸でお部屋探しをするうえで注意すべき5つのこと!

元不動産のおせっかいじじい

1746view

関連記事サムネイル

住宅ローンの比較!借り換え検討するのに便利なアプリMOGE CHECK!ローンの借り換えで節約出来るのか試してみる

元不動産のおせっかいじじい

1189view

関連記事サムネイル

更新料と引越しどちらが得?

グリーンホーム

2781view

関連する記事

関連記事サムネイル

引越しするなら南向き?南向きの部屋のメリットとデメリットまとめてみた

masamasa

777view

関連記事サムネイル

三ヶ月後に引っ越したい!はNG!? 部屋探しはいつから始めれば良いのか調べてみた!

akakishin001

7043view

関連記事サムネイル

一人暮らしに必要なものを男目線で上げてみた

nattshi

1599view

関連記事サムネイル

引越し祝いのプレゼントで貰って嬉しいものとは

nattshi

1071view

関連記事サムネイル

引越しをしたら選挙に行った方がいい?3つの理由

tomo

967view