引越しの多い一人暮らしの方おすすめ!上手な荷物のまとめ方

引越しの荷物まとめって大変ですよね。 いちいち箪笥やクローゼットから荷物を出して、ダンボールに詰めて…。 そんな煩わしい作業を少しでも効率よく出来る荷物のまとめ方をご紹介。 引越しが近い方、今まさに引越し作業を始めようとしている方の参考にしていただければと思います。

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア
  • 衣装ケースを活用した時短テク

    引越しの荷物の中で、一番かさ張るのは洋服ではないでしょうか。
    引越しの度にダンボールに詰め、新居のクローゼットに仕舞い、また引っ越す際にはダンボールに詰める。この煩わしい作業を無くすのに大きな役割を果たすのが衣装ケース。
    一人暮らしの方や引越しの回数が多い方は、普段から箪笥ではなく衣装ケースを使うのが便利なのではないかと思います。
    衣装ケースは引越しの際、あまりに大型のものや重量がありすぎて持ち上げられない等の理由が無ければ、引越し業者の方は服が入った状態のまま運んでくれます。
    筆者は念のため自分で引き出しを養生テープで固定しておいただけで、外側の養生(傷がつかないための保護)は業者さんがしてくれました。中身が飛び出すことも無く、外側も傷つかない上、洋服を出し入れする手間も省け、とても楽でした。

  • ダンボールに詰める際の大まかな種類分け

    それぞれの方の生活スタイルにより、持ち物の分け方は様々かと思いますが、今回は筆者の分類を参考までに。
    大まかに「キッチン用品・洗剤・靴・書籍・リビング小物」の5種類に分けます。
    多くなってしまう箱は1、2、3と番号を振って同じカテゴリの物だとわかるようにします。(書籍1、書籍2といった具合)
    こうすることで、どの部屋にどのダンボールを搬入すれば良いか分るため、転居先での作業が楽になります。

  • 引越し当日まで使っていたものの処理

    引越し当日まで使うもの(髭剃り・歯ブラシ・スリッパ等)は引っ越した後もすぐに使うものなので、上記で分類したダンボールには入れず、別で「すぐに使うもの」箱を用意しその中に入れます。
    こうしておけば、業者の方が来るぎりぎりまで使っていても、どこかに紛れてしまうということや、あわてて自分の手荷物の中に突っ込んでかさ張ってしまう、ということもありません。
    いかがでしたでしょうか。
    あくまで筆者の体験を基にしていますので、この記事を元に、読者の方が自分なりの工夫も加えつつ少しでも楽に引越し作業が出来れば幸いです。

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア

不動産会社の記事

関連記事サムネイル

一人暮らしでチェックしたいセキュリティベスト5

元不動産のおせっかいじじい

1762view

関連記事サムネイル

いいじゃんシリーズ北千住 続編 (個人的感情で書いています)

グリーンホーム

2121view

関連記事サムネイル

いいじゃん!パート4 亀有

グリーンホーム

1704view

関連記事サムネイル

今さら聞けない?! アパートとマンションの違い!賃貸アパートの選び方!

元不動産のおせっかいじじい

4344view

関連記事サムネイル

[速報:住生活総合調査]アナタは今の住まいの環境に本当に満足してますか?

元不動産のおせっかいじじい

1411view

関連する記事

関連記事サムネイル

上京女子に贈る東京街紹介:オシャレの代々木上原

kei*

1363view

関連記事サムネイル

社会人・初めての一人暮らし、買っておいた方がいい物リスト!

Audrey

1366view

関連記事サムネイル

引越しの多い一人暮らしの方おすすめ!上手な荷物のまとめ方

Audrey

645view

関連記事サムネイル

東京都内もしくは近郊で住みやすい街ってどこよ??

nattshi

972view

関連記事サムネイル

引っ越し準備、いつから始めるべき?何か始めるべき?! 

kamoyome

874view