カビの発生を防いで健康的な住まいづくりを

毎日掃除をしているから我が家はいつもきれいという方も、あの「黒い斑点」に悩まされたことはありませんか。そう、「カビ」です。最近の気密性の高い住宅では一年を通して湿気がたまりやすく、いつでも発生してしまうのです。カビはあなたの知らないところで増えてしまいますから、日ごろから家のなかに湿気をためないよう心がけましょう。

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア
  • 家の中でカビが一番発生する場所はなんといっても浴室

    浴室は湿気が多いので、入浴後はすぐに換気扇を回します。壁に付着した石鹸カスなどはカビの原因になりますから、面倒くさがらずに必ず洗い流しておきましょう。壁に付いた汚れをお湯で流したら、最後にシャワーで水をかけて浴室内の温度を下げてください。さらに水滴をふき取っておけばベストです。
    窓と浴室ドアを閉めた状態で換気扇を回して湿気を取りますが、このとき浴室ドアの下部にある通気口は必ず開いておきます。ここにホコリがたまっていると換気能力が下がってしまいますから、定期的にブラシや洗剤を使ってきれいにしておきましょう。もちろん換気扇フィルタの掃除も忘れないでください。
    それでも浴室内にカビが生えてしまったら、塩素系カビ取り剤をスプレーして数分放置し、水でよく洗い流します。一度で落ちない場合は数回繰り返しますが、ゴシゴシこするのは厳禁です。

  • 荷物を出したら真っ黒...なんてこともある押入れやクローゼット

    オフシーズンの洋服がびっしり詰まった状態でかけられたままのクローゼットや、何年も使っていない物が鎮座した押入れ。必要になって出してみるとカビが...なんてことはありませんか。湿気がたまりやすく空気の動きがない押入れやクローゼットもカビの発生しやすい場所です。
    大掃除のときや衣替えのときには思い切って荷物を全部出し、カビが生えていないかを確認してください。壁などにカビが生えてしまっている場合は消毒用エタノールをスプレーし、乾いた古布などでふき取ります。カビを広げてしまうおそれがありますから、カビを掃除した布で他の場所を掃除しないでください。消毒用エタノールはカビの予防にもなりますから、目に見えるカビがなくてもスプレーし、きちんと乾燥してから荷物を戻しましょう。カビを生えにくくするため、時々扉を開けて扇風機の風を送るなどして通気するようにしましょう。

  • 見落としがちな窓枠のパッキンもカビの温床になっているかも

    窓枠のパッキンに黒くなっているところがあれば、それはカビが生えている可能性があります。特に冬場は室温と外気の温度差で結露しやすく、たまったホコリと水分がカビの温床になります。
    窓枠のパッキンについたカビを取り除くには、垂れにくいジェルタイプのカビ取り剤を使うと便利です。塗った後にしばらく放置し、きれいに水拭きします。その際、サッシを傷めることがありますから、ゴムパッキン以外に薬剤が付かないように気を付けてください。強い薬剤に抵抗があるという方には消毒用エタノールをおすすめします。ゴムパッキンの黒ずみは取れないかもしれませんが、サッシや窓ガラスはきれいになります。掃除後にスプレーしておけば、予防効果も期待できます。とはいえ、ホコリと水滴をこまめに取り除くことが一番の予防です。

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア

不動産会社の記事

関連記事サムネイル

一人暮らしでチェックしたいセキュリティベスト5

元不動産のおせっかいじじい

1909view

関連記事サムネイル

いいじゃんシリーズ北千住 続編 (個人的感情で書いています)

グリーンホーム

2269view

関連記事サムネイル

いいじゃん!パート4 亀有

グリーンホーム

1815view

関連記事サムネイル

今さら聞けない?! アパートとマンションの違い!賃貸アパートの選び方!

元不動産のおせっかいじじい

4495view

関連記事サムネイル

[速報:住生活総合調査]アナタは今の住まいの環境に本当に満足してますか?

元不動産のおせっかいじじい

1514view

関連する記事

関連記事サムネイル

毎日のちょっとした工夫で掃除上手

お掃除マイスター芽衣子

763view

関連記事サムネイル

ものを捨てるコツ(書斎編)

Audrey

686view

関連記事サムネイル

新居で掃除する為の注意点

Audrey

630view

関連記事サムネイル

お風呂場を清潔にして毎日の疲れと汚れをしっかり落とそう

Audrey

680view

関連記事サムネイル

やる気UP!掃除の進め

お掃除マイスター芽衣子

639view