不動産の価値を維持し、高く売るためのコツ!

投資/居住目的で不動産を購入した場合、将来的に資産価値を維持して高く売りたいものです。 そのためには、不動産の維持管理が重要です。

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア
  • 新築からの15年程度は不動産価値が大きく減少

    新築から15年程度は不動産としての価値が大きく下がっていきます。

    つまり、15年以上経過している物件を購入すると、価値がその後下がり辛いため、
    資産価値を維持するという観点からは、「お得」といえるのです。

  • 耐久性・用途にも着目

    物件の資産価値を維持するためには、後述する投資が重要になります。

    しかし、投資を行う上で、その物件が将来有望性かあるのか、見極める必要があります。
    そこで重要になるのが、耐久性と用途です。

    30年で寿命を迎えてしまうような工法で建てられた建物では、
    見た目だけ綺麗にお化粧してあげたとしても、30年後には資産価値は皆無となってしまいます。


    また、工法よりも見極めが難しいのは用途です。

    これまで日本のライフスタイルは変化を続けてきました。
    それに併せて、住宅のあり方も大きく変わってきました。

    既に時代遅れになりつつある構造の建物なのか?
    もし時代遅れになりつつあるのであれば、間取りの変更等は可能なのか?

    といったポイントに着目する必要があります。

  • 点検・補修により価値が向上

    定期的に補修を行うことで、当然ですが物件の価値が向上します。
    価値が向上するだけでなく、賃貸として運用している場合は、空室率の改善にもつながります。

    特に点検では、専門家の知識を借りることが重要です。

    建物は、立地・構造・施工の質等、千差万別です。
    一概に度のタイミングで補修を行うべきかということは言えません。

  • 住宅履歴情報をしっかりと保持する

    点検・補修や改修を行った場合は、記録を補完することが重要です。

    売却時に、それらの記録や資料はエビデンスとして活用することができます。

  • 賃貸として運用する場合、重要なのは大きな改修だけではない

    賃貸として運用する場合は、大きな改修だけが重要なのではありません。
    前述のように、ライフスタイルやニーズに合わせた細かい改修が大きく価値を左右することがあります。

    例えば、オートロックや、光ファイバー等は若者を呼びこむ上では非常に効果的な売りになります。

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア

不動産会社の記事

関連記事サムネイル

[速報:住生活総合調査]アナタは今の住まいの環境に本当に満足してますか?

元不動産のおせっかいじじい

1470view

関連記事サムネイル

いいじゃんシリーズ北千住 続編 (個人的感情で書いています)

グリーンホーム

2205view

関連記事サムネイル

いい物件に出会えない人・出会える人の特徴

元不動産のおせっかいじじい

4039view

関連記事サムネイル

士業に変わった宅地建物取引士資格って何?宅地建物取引士資格試験について

元不動産のおせっかいじじい

1458view

関連記事サムネイル

不動産屋の部屋の選び方!!!

グリーンホーム

1990view

関連する記事

関連記事サムネイル

士業に変わった宅地建物取引士資格って何?宅地建物取引士資格試験について

元不動産のおせっかいじじい

1458view

関連記事サムネイル

今話題のairbnbを始めるには...?

akakishin001

3524view

関連記事サムネイル

airbnbは今後どうなっていくのか...

元不動産のおせっかいじじい

1284view

関連記事サムネイル

airbnbで空き部屋や空き家を又貸しするのは違法?法律に照らしあわせて考えてみた!

masamasa

21474view

関連記事サムネイル

いつかはオーナーになる!参考にしたい管理会社総合満足度ランキング!

akakishin001

994view