キッチンの色使いで悩んだら、色相環から考えてみる。

壁紙やらカーテンやら色使いって結構難しいですよね。 お部屋の中で実は一番は配色に困るのはキッチンです。 食べ物を扱う場所であり、大体はリビングに面していることで、日常的に目に触れる機会が多い空間です。 じゃあどうやって色選びをすればいいのか簡単にまとめてみました。

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア
  • ◎色相環から考える

    色で悩んだら、カラーコーディネーターの試験で用いられる色相環から考えることをオススメします。
    色相環でみると、キッチンには寒色系との相性が良いと考えます。
    ここでいう相性とはリビングとの調和がとれるかがポイントです。
    ブルーを主体とする色を使うことにより、キッチン独特の独立感をコンパクトに演出することが可能になります。

  • ◎オープンキッチンと対面キッチンでは色使いも大きく変わる

    オープンキッチンと対面キッチンとでは色相環もおおきく異なります。
    オープンの場合は前項の寒色系でまとめることが一番ですが、対面の場合は壁と同色の場合が殆んどですので、
    天板など設備においての色使いが重要になります。
    たとえば、天板部分を大理石調にしたり、引き戸の取ってをブラウンを基調にすることで、リビングとの調和を演出することは可能になります。

  • ◎キッチン電化製品とのトータルコーディネートで調和を図る

    一般的なマンションのフローリングはクリーム色、木目調、また壁はホワイトが基本模様になっています。
    今回は寒色系をオススメさせて頂きましたが、個人ごと色のこだわりはあるでしょう。その際はキッチンスペースに置く家電製品で全体のバランスを取る事が空間全体の調和を保つ秘訣です。
    冷蔵庫、電子レンジ、キッチン用品、食器棚など挙げればキリがありませんが、電化製品の色は寒色系である必要性は全くありません。
    しかしながら調和を保たせなければいけませんので、同系色を意識してコーディネートしましょう。

    皆さんも気軽に色で気分を変えてみませんか?

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア

不動産会社の記事

関連記事サムネイル

いいじゃん!!パート2 西新井いいじゃん!!

グリーンホーム

1854view

関連記事サムネイル

士業に変わった宅地建物取引士資格って何?宅地建物取引士資格試験について

元不動産のおせっかいじじい

1048view

関連記事サムネイル

airbnbは今後どうなっていくのか...

元不動産のおせっかいじじい

798view

関連記事サムネイル

日本で一番高い土地!はここだ!

元不動産のおせっかいじじい

1416view

関連記事サムネイル

過去10年間の引越し理由ランキングを見比べる

元不動産のおせっかいじじい

5552view

関連する記事

関連記事サムネイル

【2015年の運勢が悪い人必見!】運気を上げるガーデニング【観葉植物編】

akakishin001

2493view

関連記事サムネイル

[すのこで簡単]攻めるワンルームインテリア!

tomo

1004view

関連記事サムネイル

女子なら一度は憧れた!天蓋つきベッドの天蓋って、そもそも何のためについている?

のんたん。

2444view

関連記事サムネイル

憧れの北欧家具Artek(アルテック)

Audrey

532view

関連記事サムネイル

部屋をホテルっぽくするために必要な3つの意識!

Audrey

770view