お部屋の印象がガラッと変わる!?カーテンの色使いについて!

お部屋の印象を決めるのはインテリアだけではありません。 重要なのはお部屋の色使いがとても重要です。 理由として部屋の色が人間の心理に大きく影響するからです。 しかしながらインテリアから壁紙から色を意識するのはとても難しいです。 そんな時はカーテンの色を変えてみましょう。

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア
  • ◎グリーンのカーテン

    グリーンは安息感を与える色になります。
    ストレスの多いビジネスマンや血圧が高めの人にオススメな色になります。
    書斎などの仕事部屋に向いている色になります。

  • ◎ブルーのカーテン

    ブルーは清潔感、制欲効果のある色として使われます。
    ブルーのカーテンは寝室などのプライベートスペースに活用しましょう。

  • ◎ホワイトのカーテン

    ホワイトは非常にユーティリティーな色として用いられます。
    カーテンを白にすることで、狭い空間が広く感じさせることができ、部屋全体の印象をシンプルに演出することができるでしょう。リビングなどにホワイトのカーテンが多いのはそういう理由です。
    また白紙に戻すと言う言葉があるように、心機一転する際など用いるがいいでしょう。

  • ◎ブラウンのカーテン

    ブラウンは調和の色として用いられます。気持ちに安定感を加え、堅実さや忍耐力を刺激する色ともいわれてます。
    和室、洋室ともに相性はばっちりなので、部屋の色に困った際はブラウンを抑えることが無難でしょう。

  • ◎イエローのカーテン

    イエローはビタミンカラーと言われる程、元気のイメージを与える色になります。
    玄関やリビング、子供部屋など、人を迎い入れるスペースにマッチする色になります。

  • ◎レッドのカーテン

    レッドは欲を刺激する色になります。
    寝室なども相性がいい色になりますが、一番オススメはキッチンの小窓等に取り入れるのが一番いいと思います。
    食欲を刺激するレッドを活用することでダイニングが明るい雰囲気になります。

  • ◎まとめ

    いかがでしたか?
    カーテンの色とはいえども部屋によって色を上手に使う事で、心理的に与える影響が大きく変わります。
    自分にあった色を上手に組み込みましょう。

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア

不動産会社の記事

関連記事サムネイル

[速報:住生活総合調査]アナタは今の住まいの環境に本当に満足してますか?

元不動産のおせっかいじじい

1512view

関連記事サムネイル

いいじゃんシリーズ北千住 続編 (個人的感情で書いています)

グリーンホーム

2267view

関連記事サムネイル

いい物件に出会えない人・出会える人の特徴

元不動産のおせっかいじじい

4244view

関連記事サムネイル

士業に変わった宅地建物取引士資格って何?宅地建物取引士資格試験について

元不動産のおせっかいじじい

1527view

関連記事サムネイル

不動産屋の部屋の選び方!!!

グリーンホーム

2069view

関連する記事

関連記事サムネイル

おうちで家庭菜園!美味しいトマトが作りやすい環境って?

masamasa

1059view

関連記事サムネイル

いま注目されている自然塗料。それはタダの油??!

東行

796view

関連記事サムネイル

ミントの育て方

グッピーたけなわ

1113view

関連記事サムネイル

危険!ミントを庭に植えてはいけない!

Audrey

3525view

関連記事サムネイル

赤色がアクセント・基調になっているベッドコーディネート

kamoyome

833view