【一人暮らし向け】服で部屋が一杯・・・服の収納テクニック!

一人暮らしする時、ずぼらになりがちなのが服の収納です。 服の収納を簡単にできる方法をまとめてみました。

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア
  • 一人暮らしの人が服の収納に困る理由

  • 理由1. 一人暮らしは時間がない

    一人暮らしですと、家事を全てこなしながら仕事もしないといけないため時間がなくなりがちです。
    結果的に、掃除や洗濯の頻度やクオリティが下がってしまい、部屋が荒れる方も少なくありません。

    たたむのが面倒で、ハンガーに吊るしっぱなしになっていたり、
    ひどい人になりますと、生乾きのまま放置してしまい再度洗濯し直すことになる人もいます。

  • 理由2. 一人暮らしはスペースが狭い

    一人暮らしをしている方は、圧倒的にワンルームの比率か高いかと思います。
    ワンルームになりますと、作り付けの収納スペースも限られていますし、タンス等を置くこともあまりないため、
    衣服が収納からあふれがちです。

  • 理由3. 洗濯物が多い

    洗濯の頻度が低いと、衣服の「回転率」が下がるために多くの衣服が必要になります。
    これは、スーパーや百貨店等の小売と同じ原理です。

    例えば、必要な靴下の量を考えてみましょう。
    1週間に「3回転」(つまりは3回洗濯)していれば靴下は2-3足で足ります。
    しかし、
    1週間に「1回転」の場合7足必要になってしまいます!

    時間がないことが、衣服の量の増加にもつながってしまうのです。

  • 夏物と冬物を分けて管理(衣替え)

    「たたむ時間は少なく、しかし省スペース」を目指すと衣替えは非常に有効な手段です!
    たたむのは年に2回!
    取り出しやすさを犠牲にすることで省スペースになります。

    天袋等に入れることができるのもよいですね!

  • 真空圧縮袋の活用

    真空圧縮袋を使うと、服の空気を抜いて小さくまとめることができます。
    特に冬物は真空圧縮袋でかなり小さくすることができます。

  • 乾燥機付き洗濯機を使おう

    乾燥機付きの洗濯機を使うと、洗濯が億劫にならず、洗濯の頻度を上げることができます。
    洗濯の頻度を上げると衣服の「回転率」が上がって、服の全体量を減らすことができるのです。

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア

不動産会社の記事

関連記事サムネイル

奈良県の友人宅に遊びに行ったら和歌山県だった☆飛び地の謎に迫る

元不動産のおせっかいじじい

4865view

関連記事サムネイル

賃貸住宅フェア2015に行ってみた

元不動産のおせっかいじじい

2882view

関連記事サムネイル

内見のポイント教えます!!!!!

グリーンホーム

2500view

関連記事サムネイル

過去10年間の引越し理由ランキングを見比べる

元不動産のおせっかいじじい

18187view

関連記事サムネイル

引越しの時の重要事項説明ってどのくらい重要なの?

元不動産のおせっかいじじい

2729view

関連する記事

関連記事サムネイル

気になる浴室のお掃除のコツ

Audrey

1128view

関連記事サムネイル

大掃除で慌てない!普段からやっておくべき3つのこと

kei*

1516view

関連記事サムネイル

掃除には「捨てる力」が必要不可欠!捨て力向上のためのテクニック

na◡̈*.。

1281view

関連記事サムネイル

絶対汚れない部屋の作り方教えます☆

tomo

3810view

関連記事サムネイル

家の劣化を防ぐための禁煙術

Audrey

1053view