意外にしらない不動産売却の流れについて

不動産を購入した際、営業マンにこの物件は利便性がいいからすぐ売れますよ!! ! こういう風に言われた方は結構おおいのではないでしょうか? いざ不動産売却というアクションを取る際の流れを認識として持って行きましょう。

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア
  • ①情報収集

    現状の不動産価値をご自身で認識することがまず重要です そもそも自宅のポスト等に売ってください的なチラシが多数入ってくる不動産は媒介する不動産会社が売れやすいからこそ投函してくるのです またそうでなくても無料ペーパーの不動産情報紙などみながらご自身の不動産の価値を把握することを優先的にやりましょう。

  • ②業者に査定をお願いする

    ①でお話した売却の際の価値いわば表面的な情報から実際の不動産会社からみた見積金額を把握することになります。 一般的には訪問査定で情報紙等から得た価値と実際の業者視点での価値に乖離は必ずでますし、1社だけではなく多数社に依頼すると非常に比較しやすいです。 オーソドックスなものとして販売と管理を一緒にやってるところが一般的に良心的な査定額がでると言われています。

  • ③不動産会社と媒介契約手続きを行う

    いざ査定が終わりますと媒介契約を結びます。
    不動産会社から売却に関する書類に記載し、契約案件に対する連絡がくるようになります。
    また媒介契約には数種類あり、1社と結ぶパターン、複数社と結ぶパターンもございますので不動産会社に確認しながら慎重に検討してください

  • ④売却スタート

    不動産会社にもやりますが、チラシ、WEB等宣伝がスタートします。 スムーズにきまれば越した事無いですが、大抵は2ヶ月~6ヶ月くらいをスパンで考えて頂くと幸いです。長期に渡り売却できないなど状況を不動産会社の担当者とまねに連絡をとり、条件面の変更等検討する可能性が出てきます。

  • ⑤売買契約

    手付金、細かい条件等つめて行きます。
    設備に関して、金額に関してここでオーナーであるあなたの意思と買い手の意思がマッチすれば契約完了です ※手付け金は売却金額の5%から15%が一般的です
    今不動産会社はここまでやってくれますが、満足いく売却の際、オーナー立ち会いのもと進めるのが一般的です。 実際に書面をかわすまでが非常に時間がかかるのです

  • ⑥引き渡し

    物件の契約が完了したら引き渡しです。 抵当権の抹消等行います。
    売買決済終了後、鍵の引き渡ししたタイミングで売却完了です。
    簡単に6項目でお話しましたが、売却は非常に時間がかかります。
    媒介する不動産会社選びと、気長に考えて売却を進めることをお勧めします。

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア

不動産会社の記事

関連記事サムネイル

過去10年間の引越し理由ランキングを見比べる

元不動産のおせっかいじじい

8386view

関連記事サムネイル

不動産屋に行くと【決めた方がいい】と言われるのはなぜ?

グリーンホーム

2248view

関連記事サムネイル

[速報:住生活総合調査]アナタは今の住まいの環境に本当に満足してますか?

元不動産のおせっかいじじい

1378view

関連記事サムネイル

内見のポイント教えます!!!!!

グリーンホーム

1565view

関連記事サムネイル

今さら聞けない?! アパートとマンションの違い!賃貸アパートの選び方!

元不動産のおせっかいじじい

4099view

関連する記事

関連記事サムネイル

士業に変わった宅地建物取引士資格って何?宅地建物取引士資格試験について

元不動産のおせっかいじじい

1354view

関連記事サムネイル

意外にしらない不動産売却の流れについて

nattshi

930view

関連記事サムネイル

いつかはオーナーになる!参考にしたい管理会社総合満足度ランキング!

akakishin001

901view

関連記事サムネイル

大田区におけるairbnb(特区民泊)認定要件を簡単に解説:大田区における国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業(特区民泊)

akakishin001

761view

関連記事サムネイル

賃貸オーナー気取り?!★ゲームで学ぶ賃貸経営★

Audrey

999view