実用的でおしゃれなリビングの配置で家族が生き生き!

家族が毎日すごすリビングは、いろいろな活動に支障がなく、またビジュアル的にも気持ちのよい空間にしたいもの。 けれどもあれこれ夢を膨らませるほど、まとまりのないお部屋になってしまいがちです。 そこで、動きやすさとビジュアル上の効果の両方に目配りをしながら、家族にとって大切なリビングの配置を考えてみましょう。

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア
  • 動線計画と家具の効果的配置でリビングを魅力的に

    まず、リビングで家族がどのように動き、活動するかを考えます。たとえばテーブルと椅子を配置した後、部屋が窮屈と感じることがよくあります。
    それは立ち座りのたびに椅子のまわりには思いのほか空間の余裕が必要になるから。
    また間口や窓、書棚やテレビの周りなど、人が動くエリアには十分な余裕をもたせることが大切です。
    また、窓の向きと壁の向きも考慮しましょう。窓の正面に広い壁が位置していることが多いものですが、ここにテレビがあると反射して見えづらくなります。
    電気コンセントの位置は変更したり増設したりできますから、あとあと不満に思うことがないように、日ごろの生活の流れを現実的に予想しながら上手な配置を考えてみましょう。

  • 「引き算」で考えるインテリアのレイアウト

    次に、インテリアや家具が素敵にみえる効果的な配置を考えて見ましょう。
    ある特定のインテリアのテイストでお部屋を統一したいというプランでは、結果的にごちゃごちゃした印象になることがあります。
    デザインの統一感が効果的に発揮されるには、インテリアや家具の数を増やすことではありません。
    むしろ、フラットな空間にアクセントとして個性的なアイテムを配置することが大切です。
    お気に入りのデザイナーズチェアがあったとしても、数が増えるほど一脚のインパクトは弱くなっていきます。
    つまり足し算ではなく「引き算」で家具の配置を考えましょう。動きやすく、ビジュアル的にも気持ちのよい空間をつくって、家族の幸せな居場所にしたいものですね。

  • まとめ

    毎日の生活を楽しく、また家族が明るくなるような住まいでありたいと願うのは誰でも同じです。
    そこで、素敵なインテリアや家具を買って、理想的なレイアウトにしたいと思うわけですが、いざ置いてみると、せっかくのインテリアの良さが影をひそめたり、お部屋が使いにくいと感じたりすることはないでしょうか。
    特に家族が日常的に集まる場であるリビングは、さまざまな要素が複雑に交差する場であるため、空間を効果的に生かす周到な計画が必要になってきます。ここでポイントになるのは、人の動きを予測した動線計画と、家具がアクセントとして効果的に見える配置の工夫になります。

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア

不動産会社の記事

関連記事サムネイル

更新料と引越しどちらが得?

グリーンホーム

2942view

関連記事サムネイル

[徹底調査]新小岩と錦糸町の治安 新小岩と錦糸町って本当に治安は悪いの?

元不動産のおせっかいじじい

3608view

関連記事サムネイル

いいじゃん!パート3 北千住

グリーンホーム

1785view

関連記事サムネイル

お部屋探しの注意点!賃貸でお部屋探しをするうえで注意すべき5つのこと!

元不動産のおせっかいじじい

1873view

関連記事サムネイル

奈良県の友人宅に遊びに行ったら和歌山県だった☆飛び地の謎に迫る

元不動産のおせっかいじじい

3620view

関連する記事

関連記事サムネイル

アンティークチェアでワンランク上の部屋に!

いえぽん

826view

関連記事サムネイル

節約にもなる!ベランダ菜園のすすめ

kei*

1212view

関連記事サムネイル

おうちで家庭菜園!美味しいきゅうりが作りやすい環境って?

masamasa

1025view

関連記事サムネイル

実用的でおしゃれなリビングの配置で家族が生き生き!

いえぽん

1189view

関連記事サムネイル

目的別ワンルーム6畳間の家具の配置・コーディネート案!

kamoyome

8505view