大好きなひとと幸せに暮らす5つのヒント

どんなに大好きなひととでも、一緒に暮らすとなると、いろんな問題が発生してくるのは自然なことです。 その問題にいざ直面したとき、あなたは変わらず相手のことを愛せるでしょうか。 大丈夫、心配しないでください。ヒントは意外と簡単な、たった5つのことなんです。

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア
  • これから暮らす2人のおうち選び

    一緒に暮らす上でまず必要なのがおうちですね。
    例えばもうすでに暮らしているどちらかのおうちに、どちらかが引っ越してしまう、という手です。
    しかし現実的に考えて、これまで1人で使っていたおうちのすべてのスペースを、今後ずっと2人で使うことになるわけですから、物理的に狭かったりといった問題が発生する可能性があります。
    また、暮らしている中で何らかの問題が深刻化したときに、できれば関わりたくないものですが「どちらの名義の住まいか」という点で、最悪追い出されてしまうという結果を招きかねません。

    やはり、できるだけ早く2人で納得した家に引っ越す。

    はじめのうちはそんな心配は必要ないかもしれませんが、もともと自分の住んでいた住まいに文句を言われるのは、誰でも気持ちのいいものではありません。

  • 2人のルール

    よくカレーの味で例えられることがあるように、違う家庭で育ったからには生活の感覚や味覚の好みも全く違うということを理解しておきましょう。
    そしてルールは細かいことまでキチキチと決め込んでしまうと、これからの楽しい暮らしが早くも色褪せて見えてしまいます。
    そのルールが守られなかったときにどこかに不満が生まれかねません。

    やっぱり、ルールは困ったときに2人で考える

    実際に困る前から不安なことばかりを考えて、あれもこれも、と相手に要求するのは良くないですよね。
    意外とそんなに困らずに暮らせたりするものです。それなら、不必要なルールでがんじがらめになる必要もないですよね?

  • お金の話ができる2人

    やっぱりよく話題に上がるのが、家賃や生活費の分担についてですね。それはお互いにお金を稼ぐ身になれば、好き嫌いだけでは語れないお金のやり取りも発生してくることでしょう。
    それに際して、家事の分担もよく話されていますが、この辺りは十分に話し合って決めることが大事です。
    また、初めに話し合った内容でルールを決めたとしても、実際に生活していく上で、環境が変わったり収入が変わったりするなどの変化は日々生じます。

    だから、お金の話を煙たがらずに、定期的に話し合う

    貯蓄額までさらけ出すのは少々気が引けてしまいそうですが、収入や固定の支出、家事を行う時間の余裕などは常に把握しあった上で、それに合わせて決めていきましょう。

  • 家族への感謝を忘れない2人

    住まいについて決めるときに一緒に考えてほしいのが、お互いの家族とどうつき合っていくか、です。
    お互いに親がいて、たとえ独立していたとしても、お父さんお母さんの子供であることは変わりません。
    ですから、これから一緒に暮らす相手がどんなひとなのか、将来のことはどこまで考えているのか、親はいつまでも子供のことを心配しています。

    暮らす相手をと住む場所を、お互いの親に紹介する必要性

    もちろん一緒に暮らすことを決める前の段階で、すでにクリアしているひとも多いでしょう。
    しかし、一緒にいる期間が長くなればなるほど、家族やお互いの気持ちにも変化が生まれます。
    それをできる限り共有していくことで、今後の不安解消や、困ったときの助けになったりするものです。

  • 出会ったころの2人のままで

    一緒に暮らし始めると、今まで見えなかった相手の細かい部分までまじまじと見えてきます。
    以前あなたが遊びに来るときにはキッチリ片づいていた相手の部屋も、日常的にはなんとなく散らかっていたり、ごみの分別や物の扱い方まで1つ1つが自分と違っていたり…。
    そうした日々の積み重ねで、より一層相手を好きになることもいっぱいあります。

    「このひとともっとずっと一緒にいたい」「離れたくない」そう思える2人は、とても最高のパートナーですね。

    しかし、すべてにおいてそう思えるひとたちばかりではないはず。
    相手のだらしない部分やイラッとさせられる部分も見受けられるようになって、「このままで大丈夫かな」とか「こんなひとだったなんて」なんて思ってしまうことも…。

    出会ったころの自分に立ち戻り、相手にも気づいてもらう

    まずは自分が変わってしまっているところはありませんか?相手がだらしなくなってきたのは、「このひとには、だらしない自分を見せても大丈夫」という良くない安心感を招いてしまっているということではありませんか?まずはあなた自身が出会ったころのように相手を意識し、きちっとした生活を心がけていれば、相手もあなたを見直して、わかってくれるはずです。

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア

不動産会社の記事

関連記事サムネイル

不動産屋の部屋の選び方!!!

グリーンホーム

2068view

関連記事サムネイル

更新料と引越しどちらが得?

グリーンホーム

2938view

関連記事サムネイル

内見のポイント教えます!!!!!

グリーンホーム

1728view

関連記事サムネイル

今さら聞けない?! アパートとマンションの違い!賃貸アパートの選び方!

元不動産のおせっかいじじい

4493view

関連記事サムネイル

いいじゃん!!パート2 西新井いいじゃん!!

グリーンホーム

2332view

関連する記事

関連記事サムネイル

幸せそうに聞こえるその寝言、ほんとうは危険信号かも。隣の寝言を要チェック!

AICONIC

1844view

関連記事サムネイル

もうすぐジューンブライド(june bride)♡ジューンブライドの本当の意味・・・

tomo

956view

関連記事サムネイル

流行る!?婚活引越し☆理想の異性を求めた23区移動計画♡

tomo

2039view

関連記事サムネイル

同棲で必要なものって何?『家具編』

masamasa

1784view

関連記事サムネイル

流行る婚活引越し☆理想の異性を求めた住まい探し

tomo

2717view