引っ越し荷造りのコツ

荷造りを賢くすると、引っ越しがスムーズに、少ない箱数で行うことができます。 逆に荷造りを失敗すると悲惨なことに… 特にファミリーで引っ越す場合、荷物は多めになる傾向があります。 荷造りを賢くして、効率的に引っ越しを行いましょう!

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア
  • ■ダンボールは必ず引越し先の部屋ベースで分けよう

    ダンボールは必ず引っ越し先の部屋ベースで分けてください。
    そして、ダンボールに行き先をマジックで書いておきましょう。
    そうすることで、引っ越し後の荷物の移動が最小限になります。

  • ■服は真空パックがオススメ

    服はかさばりがちです。そんな時は真空パックを活用して容積を減らしましょう。
    容積を減らすことで、引越し先での作業スペースが広がり、引っ越ししやすくなります。

  • ■精密機器は自分たちで手運びしよう

    ハードディスク等の精密機器は、自分たちで手運びするのがよいでしょう。
    梱包材を詰めるのも手間ですし、引越し業者さんにお任せして壊れてしまっては大変です。
    自分たちも移動するのですから、その時に一緒に持って行ってしまえば安全です。

  • ■こわれものは服で包む

    へやの置物等、精密機器ではない壊れ物を運ぶときは服で包むのもひとつの手です。
    そうすることで、梱包材を使う手間や容積を節約することができます。

  • ■オフシーズンの服はオンシーズンの服と分けよう

    引っ越し先では、オフシーズンの服はダンボールのまま保管!と割りきってしまいましょう。
    そうすることで、荷解きの時間を節約できます。
    オンシーズンの服とオフシーズンの服が一緒になってしまっていると、そういった荒業ができなくなってしまいますので、荷造りの段階で気をつけましょう。

  • ■生活に最低限必要なものはダンボールを分けておこう

    生活に最低限必要なもの(各人の食器や鍋、仕事道具)などはダンボールを分けておいて印を付けておきましょう。
    引っ越しというのは結構体力を使うものです、引っ越した後荷解きに数日かかることもあります。
    また、荷解きが完了する前に、生活に必要なものを探そうとすると、大変な作業になります。
    最低限必要なものをまとめておくことで、モノ探しの手間を省くことができます。

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア

不動産会社の記事

関連記事サムネイル

お部屋探しの注意点!賃貸でお部屋探しをするうえで注意すべき5つのこと!

元不動産のおせっかいじじい

1990view

関連記事サムネイル

引越しの時の重要事項説明ってどのくらい重要なの?

元不動産のおせっかいじじい

2037view

関連記事サムネイル

士業に変わった宅地建物取引士資格って何?宅地建物取引士資格試験について

元不動産のおせっかいじじい

1645view

関連記事サムネイル

☆同棲したい!★これを言わせれば同棲出来る!カレの一言☆

元不動産のおせっかいじじい

1781view

関連記事サムネイル

足立区ってどんな街?!調べてみた★

元不動産のおせっかいじじい

2836view

関連する記事

関連記事サムネイル

お母さん…!一人暮らしで陥るホームシックの対処法

kei*

4884view

関連記事サムネイル

引っ越し準備、いつから始めるべき?何か始めるべき?! 

kamoyome

1056view

関連記事サムネイル

意外に知らない!賃貸解約の手続きについて!

ma-bo

1129view

関連記事サムネイル

玄関で鬼門は絶対NG?!鬼門と玄関の関係性....!

tomo

1910view

関連記事サムネイル

一人暮らしをする上で費用は最低いくら必要なのか出してみた!!

nattshi

1379view