いらないものを整理して、家賃を安くしよう!

賃貸を選ぶときは、出来る限り広い部屋に皆さん住みたいと思ってらっしゃると思います。 しかし、発想を逆転すると、一回り狭い部屋を広く使えれば、より選ぶ物件の幅が広がるとおもいませんか? より駅チカの物件・よりきれいな物件、部屋の広さという軸を削るだけで、より良い物件を選ぶことができる可能性が広がります。 家賃も安くなればいうこと そこで、今回はいらないものの整理のコツをまとめてみました。

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア
  • 捨てるものを選ぶのでは無い。残すものを選ぼう

    いらないものを整理するとき、捨てるものを選んでいると、いつまでたっても物が減りません。

    人間の脳は、体と同じで、ホメオスタシスが働いています。
    つまり、いつまでたっても物が捨てられない人は、ものを捨てない状況を維持することに安心感を覚えているわけです。
    そのため、ものを捨てることができないのです。

    ここは発想を切り替えて、残すものを選びましょう。
    これから、全く新しい生活を始める、という意識で、新しい生活に持っていくためのモノを選ぶようにしましょう。

  • 衣類

    衣類はかさばりがちですので、積極的に整理をするポイントになります。
    1週間着回す、なんてことが流行っているようですが、1週間毎日違う服を着る必要があるでしょうか?

    私は自分に本当に合った服を3,4着用意するスタイルのほうが好きです。

  • 本類

    本棚を見てください。
    その中にもう一度読む本はどれだけあるでしょうか。

    確かに心に残った本は残しておきたい、という方もおられますが、東京に住んでいらっしゃれば国会図書館などもありますし、
    いつか読みたい本は手元に残しておかなくても読むことができます。

  • 収納

    この辺りまで来ると、物を整理するためには収納が必要。という固定概念が邪魔になってきます。
    収納を残していると、収納を埋めるために無駄なものが増えていく、という逆転現象が起こってきます。

    収納も、物が少なくなるにつれて、捨てて行きましょう。

    経験上、収納がなくなると部屋の開放感・広さが大きく増加します。タンスや本棚など大きいものならなおさらです。

  • 布団

    多くのご家庭で、意外にスペースをとっているもの、それが布団です。
    なぜか捨てずに残っていたりするんですね。
    家族の人数分以上の布団は捨てましょう。

  • もらいもの

    もらったものは捨てづらい、という方が多くいらっしゃいます。
    ただ、一方で、もらったものというのは、そこまで生活に必要ない確率が高いものです。

    ここは、心を無にして、整理する必要があります。

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア

不動産会社の記事

関連記事サムネイル

過去10年間の引越し理由ランキングを見比べる

元不動産のおせっかいじじい

8867view

関連記事サムネイル

綾瀬いいじゃん!!

グリーンホーム

3196view

関連記事サムネイル

いい物件に出会えない人・出会える人の特徴

元不動産のおせっかいじじい

3817view

関連記事サムネイル

日本で一番高い土地!はここだ!

元不動産のおせっかいじじい

1845view

関連記事サムネイル

引越しの時の重要事項説明ってどのくらい重要なの?

元不動産のおせっかいじじい

1671view

関連する記事

関連記事サムネイル

データ大量保存にクラウドはダメ!データはBDに焼いて愛媛に保存!

グッピーたけなわ

1580view

関連記事サムネイル

意外と知らない身近なパパのお小遣い!意外と知らないシリーズ第二弾!

ゴーグル

1178view

関連記事サムネイル

光熱費を下げるための節約術 6選

Audrey

1233view

関連記事サムネイル

[節約速報]引っ越したらチェック☆カーシェアリングで10万円の節約?!☆

akakishin001

2145view

関連記事サムネイル

日用品/食品の購入にネット通販を活用して節約

Audrey

757view