限られている老後の資金。老後の住まいは高齢者向け住宅がオススメ!

60歳に定年を迎え、その後の生活が厳しいと諸所いわれています。 とあるサイトには60歳から年金以外にプラス3000万円必要とも言われています。 限られた貯金の中で一番支出のウエイトが大きいのは住まいに関わる支出と言われています。 老後は特別養護施設、優良の老人ホームなどがありますが、月額20万以上もするのが現状です。 健康に不安が生じ、介護が必要になった際どこに住むべきなのかご不安だと思います

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア
  • ◎そもそも高齢者向け住宅とは

    昨今『高齢者向け住宅』というものが全国で約13万戸供給されているのはご存知でしょうか?
    国からの補助金も出るとのことで年々増加しております。
    月額家賃も特別養護施設老人ホームに比べ割安で、サービスも充実しております。

  • ◎住まいは生活に支障が出ないバリアフリー設計

    バリアフリー設計は当然の事ながら、要介護者の為の設備が充実しており、廊下などの手すりなど完備されています。
    また住宅によってはマンション内に共用のトイレ、バス、ダイニング施設が完備されていたりします。

  • ◎ケアの専門家による見守りサービス、生活相談サービスの充実

    部屋にナースコールが完備されており、社会福祉法人、医療法人等が少なくても日中常駐し安否確認サービスを行って頂けます。
    また生活相談窓口も解放されており、施設によっては買い物なども行って頂けます。

  • しかし課題も勿論ございます。

  • ◎個人毎のサービス負担額が要介護認定によってまちまち

    介護サービス費が利用する毎費用が発生する仕組みになっており、要介護のランクによって1ヶ月の自己負担額が変わります。特別養護施設同等のサービスを受けてしまうと、有料老人ホーム同等の金額を月に負担してしまうことになってしまいます。

  • 高齢者向け住宅は2020年までに約60万戸に拡大するとも言われており、現在の高齢化社会の助け舟になりうるとも言われてます。
    遠いようで近い老後の住まいについて是非お考えください。

  • この記事
    をシェア

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • google+でシェア
  • はてぶでシェア

不動産会社の記事

関連記事サムネイル

引っ越したら酷道(国道)だった・・・全国にある酷道:国道を調べてみた!

元不動産のおせっかいじじい

4684view

関連記事サムネイル

過去10年間の引越し理由ランキングを見比べる

元不動産のおせっかいじじい

10028view

関連記事サムネイル

不動産屋に行くと【決めた方がいい】と言われるのはなぜ?

グリーンホーム

2432view

関連記事サムネイル

[徹底調査]新小岩と錦糸町の治安 新小岩と錦糸町って本当に治安は悪いの?

元不動産のおせっかいじじい

3581view

関連記事サムネイル

いい物件・いい人に出会いたいならしっかりやるべき3つのこと。

元不動産のおせっかいじじい

2237view

関連する記事

関連記事サムネイル

老後の生活を考える!住みやすい条件3つの条件とは?!

ma-bo

2151view

関連記事サムネイル

バリアフリーだけが老後じゃない!孫が怪我をしない家を選ぼう! 

akakishin001

1394view

関連記事サムネイル

持ち家なんて要らない!老後は賃貸派!という人が陥りやすい罠3選

masamasa

4476view

関連記事サムネイル

老後も役立つ資格?!不動産関連の資格10選

tomo

2105view

関連記事サムネイル

老後破産に対策せよ!! 

tomo

4441view